当医院について

東海歯科醫院の治療方針

妥協のない歯科治療、噛み合わせの治療、美しさ、自然を追求した審美治療。
歯科治療には保険治療や自費(保険外)治療など様々な方法があります。
当医院では、患者様の要望にあわせた治療を行っています

東海歯科醫院は2002年の開業以来から治療方針を変えずにいます。師と仰いだ先生から受け継いだ志しでもあります。また、患者様の口の中のあつかいは歯科医師もしくは歯科衛生士しか行いません。

個々の患者様にあわせた治療、その後のメインテナンス…

東海歯科醫院

院長紹介

院長:加藤賢吾

1968年3月16日生まれ 血液型A型

履歴
平成 04年03月
愛知学院大学歯学部歯学科卒業
   04月
愛知学院大学歯科補綴学第3講座入局
10年12月
愛知学院大学歯科補綴学第3講座退職
11年01月
中村歯科醫院勤務
14年07月
中村歯科醫院退職
14年08月
東海歯科醫院開設  現在に至る

・平成12年3月3日 学位(歯学)取得
・日本補綴歯科学会会員
・日本顎関節学会会員
・愛知学院大学歯学会会員
・JACD 会員
・床矯正研究会会員 ・(株)松風アドバイザー

東海歯科醫院|加藤賢吾

歯科・小児歯科という肩書きについて

看板には歯科・小児歯科と記されているだけです。
口腔外科やインプラント科と大々的にアピールしている歯科は少なくありません。当医院は歯を治療することを第一と考えるから・・・・
しかしながら、親知らずの抜歯、インプラントなど専門的な治療も行っています。

当医院の歯科治療全般をご覧ください。

ドクターズ・ファイル

東海歯科醫院|ドクターズファイル
東海歯科醫院|採用情報

院内のご案内

待合室

あまり広くありませんが、白を基調として落ち着いた感じにしてあります。
正面のガラス越しには吹き抜けにされた小庭園に石のオブジェがモダンな空間を演出し、お待ちしている患者さんを少しでも癒してくれると良いと考えております。
空気清浄機にていつもクリーンな空間を心がけております。

診察室

診療室には診療用設備が3台あります。
椅子の色の違いに意味はありませんが、治療中の待ち時間も他の患者さまの対応ができるようにしています。

院内感染の対策
東海歯科醫院

器具を滅菌するために数台のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用しています。
使い捨てのできない器具は必要に応じて小分けして、滅菌してパックにします。治療時に開封して使用することで院内感染をかなり防ぐことができます。

その他の設備
東海歯科醫院|3D CTスキャン
東海歯科醫院|3Mトゥルー デフィニションスキャナー

治療について

治療

東海歯科醫院

当医院は一般治療として、虫歯の治療・差し歯、入れ歯の治療など歯と口の内の病気の治療を行います。
乳幼児からお年寄りの方まで対応いたします。
また当医院は治療はもとより、虫歯、歯周病の予防も重要であると考えます。一度ご来医院された患者さんには定期的な検診、クリーニングをおすすめしております。
定期検診では、虫歯や歯周病など早期発見するこができます。歯科衛生士による歯のクリーニングは歯の表面についた虫歯菌や、バイオフィルムと呼ばれる歯周病原因菌を専用の機械を使って除去してきれいにします。これにより虫歯の発生や、歯周病の進行もずいぶん抑えることができます。
小児治療は一般治療に加え予防としてフッ素塗布もいたします。
幼児期特に乳歯萌出直後や、永久歯の萌出直後は歯が柔らかく、虫歯になりやすい状態です。その時期に、定期的(3ヶ月に1度程度)にフッ素塗布を行う事により、歯が虫歯になりにくい硬い歯になります。

歯とお口の病気やその治療等については、分からない事や心配事、疑問等がたくさんある事と思います。そのような時には、遠慮なさらず歯科医師及びスタッフにおたずね下さい。

受診前にご確認ください。

以下に該当する患者さんは事前にお知らせ下さい。

・今までに、全身疾患で治療を受けられた事のある方、もしくは治療中の方。(心臓病、高血圧症、肝臓病、腎臓病、糖尿病、血液疾患、アレルギー症患等)
・薬(効性物質や痛み止め)に対して、アレルギー過敏反応のある方。
・現在、妊娠中、又は妊娠の可能性のある方。

患者様へのお願い

・月初めには、受付にて保険証をご提示下さい。
・貴重品は待合室に置かず、診療室にお持ち下さい。
・携帯電話の電源は、OFFかマナーモードでお願い致します。
・口紅は、診療前にお拭き下さるようお願い致します。

歯科治療全般

当医院の治療は虫歯治療以外にも以下の治療ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。→ 歯科治療全般

東海歯科醫院 インプラント - インプラントについて画像付きで説明
東海歯科醫院 審美補綴 - ただ白くするだけではなく、より自然観を追求します
東海歯科醫院 ホワイトニング - 歯の表面、もしくは内部に薬剤をいれて白くします
東海歯科醫院 レーザー治療 - 新しい治療について
東海歯科醫院 小児の床矯正治療 - 歯並びは小児の時に治しましょう
東海歯科醫院 親知らずの抜歯 - 横向きに埋まってる歯も抜歯します
東海歯科醫院 顎関節症の治療 - いくつかの治療法で対処します

虫歯予防、歯周病予防をしましょう

当医院は治療だけでなく、予防処置にも重点を置いています。
虫歯や歯周病を防ぐのもひとつの治療と考え、歯科衛生士が予防について・予防の仕方について説明、指導いたします。
当然のことですが、虫歯や歯周病にならないことが最大の治療です。予防をすることにより、何年もご自身の歯でおいしく食事ができます。

東海歯科醫院

ご来院のご案内

所在地

〒444-0869愛知県岡崎市明大寺町字出口42-1
電話:0564-65-6355

診療時間のご案内

診療時間:
10:00〜13:00 15:00〜19:30
休診日:
木・日・祝日

ご予約について

ご予約は電話またはご来院の際に承ります。
ご都合が悪くなり、予約日時を変更されたい方はできるだけ早めにご連絡ください。

GoogleMapで開く

お問い合わせ

電話でお問い合せ

電話でのお問い合せは診療時間内でお願い致します。
TEL:0564-65-6355

フォームでお問い合せ

規約をお読みいただき、同意いただける方は「同意する」にチェックして下さい。

当店は、個人情報保護の重要性に鑑み、また、業務に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドライン等を遵守して、個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。
 当店は、個人情報の取り扱いが適正に行われるよう、従業者への教育・指導を徹底し、適正な取り扱いに取り組んでまいります。また、個人情報の取り扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当代理店の個人情報の取り扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

1.個人情報の取得
当店は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。

2.個人情報の利用目的
当店は、取得した個人情報を下記目的のために必要な範囲で利用します。
その他の目的に利用することはありません

<具体的な個人情報の利用目的>
(1)当店が取り扱う商品・サービスの提供
上記の利用目的を変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面等によりご通知し、またはホームページへの掲載などの方法により公表します。

3.個人データの安全管理措置
当店は、取り扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置を講じています。

4.個人データの第三者への提供
当店は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に提供しません。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

5.センシティブ情報の取扱い
当店は、要配慮個人情報(人種、信条、社会的身分、病歴、前科・前歴、犯罪被害情報などをいいます)ならびに労働組合への加盟、人種および民族、門地および本籍地、保健医療および性生活ならびに犯罪歴に関する個人情報(センシティブ情報)については、次の場合を除き、原則として取得、利用または第三者提供を行いません。
(1) 適切な業務運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき業務遂行上必要な範囲でセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(2) 収納事務等の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体若しくは労働組合への所属若しくは加盟に関する従業員等のセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(3) 相続手続を伴う保険金支払事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(4) 法令等に基づく場合
(5) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合
(6) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合
(7) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合

同意する 同意しない